ABOUT MCNAI

私は友人、恋人、それらの仲間を集めて週末の夜にサパー(夕食後の食事会)を開催する。夢中になって会話し、酒と食事を楽しむ仲間を眺めながら私は「食」という言葉、「食べる」という行為について改めて考えた。

 

確かなことは私を含め、ここにいる愉快な仲間たちはお腹一杯になるためだけに、飲み食いをしているわけじゃないということだ。会話を通して少し賢い気分になったり、テーブルの上に並ぶお皿や花瓶に陶酔してみたり、普段は食べない凝った料理に舌鼓を打ってみたり。ここでの経験は全参加者の未来に影響する重要な何かが生まれているような気がするのだ。

私はこのような食体験を今後『Fourth Meal(四度目の食事)』と呼び、提案する。

私はこの『Fourth Meal』を気の向くままに開催し、そこで出される料理、食器、皿、インテリア、アート作品、また、敬愛するゲスト達によって繰り広げられる会話に焦点を当てながら、その体験をここに記し、残す。

I invite friends, significant others, and friends to hold suppers (a get-together after dinner) on weekend nights.  Seeing my friends become absorbed in the conversation and enjoying drinks and food, I rethink the word “food” and the act of “eating.”

One sure thing is that I and my fellow diners are not here to eat and drink, just to fill our bellies. We are here to feel a little smarter through conversation, be intoxicated by the plates and vases that line the tables, and indulge in elaborate dishes that we usually wouldn't eat. Everyone attending feels like what they experience here will birth something meaningful that will impact our futures.  

I will call and propose these food experiences; “Fourth Meals.”

I will hold “Fourth Meals” as a please, and while putting a spotlight on the dishes, plates, tableware, interior decor, art pieces, and the conversations held by the beloved guests, record the experience, to preserve.